子供の身長を伸ばすのに効果的な運動には何があるの?

サッカー少年と縄跳び少女

お子さんをお持ちのご両親にとっては、お子さんの成長の度合いがなによりも気がかりなことですよね。

特に、小学校中学年ぐらいになってくると、自分の子供と他の子供との身長差が気になりだします。

そして、平均よりも背が低いと毎日の食事や運動が十分なのかどうか心配になります。

子供の成長は早いので、生まれた時期によって同じ学年でも随分と違いが出ます。

例えば、4月生まれの子と3月生まれの子とでは、1年近く差があるわけですから、身長に違いが出てくるのは当然なのです。

そうは言っても、子供には元気にすくすくと成長してもらいたいと思うのが親心です。

お子さんの身長を伸ばす為の効果的な運動には何があるでしょうか?

子供の成長を促す効果的な運動方法

お子さんの身長を伸ばすには、バランスの良い食事と適度な運動が欠かせません。

運動することによって、成長ホルモンの分泌が促され成長を促進するのです。

では、具体的にどのような運動がよいのかと言いますと、「骨に縦方向に刺激を与える運動」と「骨の軟骨に刺激を与える運動」です。

骨の軟骨に毎日適度な刺激を与えていれば、骨の成長を促し身長が伸びるというのは、イメージしやすいと思います。

推奨される運動としては、ジョギング、縄跳び、バスケットボール、バレーボールなどがあります。

ジョギングや縄跳びは、小学生も手軽に始められる上、運動量もそれほど過酷ではない為、お子さんの身長を伸ばすのに適しています。

お子さんが疾病などにより運動が出来ないという状況なら、ウォーキングもオススメです。

ウォーキングは一見運動量が少ないように思われますが、有酸素運動であることで体内の循環をよくし成長ホルモンの分泌を促してくれるのです。

逆に避けた方がよい運動とは?

お子さんの身長を伸ばすには、縦方向の骨の刺激が不可欠ですが、あまりにも過度な運動は逆効果となってしまいます。

例えば、ウェイトリフティングのような、大きな加重が掛かる運動です。

十分な成長が出来ていない時期に骨に過度の負担をかけると成長を妨げる上に、骨が歪むなどの弊害が起こります。

また、強すぎる筋肉は骨を引っ張って、成長を阻害するのです。

そして、過度に疲労する運動もよくありません。

前述したバスケットボールやバレーボールなども、十分な成長以前に行うと身長を伸ばすことを阻害する恐れがあるのです。

そういう理由で、激しい運動を伴うスポーツは、身体の成熟が未熟な小学生のうちは避け、中学生、高校生になってから始めるのがベストです。

『子供の身長を伸ばすのに効果的な運動には何があるの?』のまとめ

子供の身長を伸ばす為に効果的な運動は適度な「縦方向の刺激」と「軟骨に対する刺激」です。

小学生のうちはハードな運動は、避けたほうが無難です。

お子さんの成長を鑑みて、ウォーキングやジョギングなどの無理の無い運動をさせてあげましょう。

子供の身長を伸ばすのに最適な運動は骨に縦方向に刺激を与えるジョギングや縄跳び