子供の身長を伸ばすためにパパ・ママが知っておくべき大事なことのまとめ

兄妹の身長を記録する親子

『ウチの子供って身長低くない?』
『自分の身長が低いので子供の身長も伸びないかもしれない・・・』

と心配になってしまっているパパ・ママは多いかと思います。

『遺伝なので仕方ない・・・』

と諦めてしまう方もいるかもしれませんが、できることはやっておきませんか?

子供の身長を伸ばすための食事や環境作りなどに関する情報を参考に実践していけば、平均身長まで伸びたり、周りの子供との身長差が気にならなくなる程度にまで伸びる可能性があるのではないでしょうか。

こちらではそんな子供の身長でお悩みのパパ・ママにとって参考になるような

  • 子供の身長を伸ばす方法
  • 子供の身長を伸ばすサプリ

に関する情報を紹介していきたいと思います。

子供の身長を伸ばすサプリ一覧
サプリ定期
コース
通常
価格
口コミ
せのびと~る
成長期応援サプリせのびと~る
初回
980円

2回目~
5,670円

6,300円詳細
情報
プラステンアップ
プラステンアップ
初回
1,980円

2回目~
5,480円

9,980円詳細
情報
アスミール
アスミール
初回
500円

2回目~
3,686円

9,102円詳細
情報
ノビルン
ノビルン
初回
1,980円

2回目~
2,980円

6,900円詳細
情報
セノビック
セノビック
初回
1,944円
(2袋)

2回目~
2,160円
(2袋)

2,160円
(2袋)
詳細
情報

子供の身長を伸ばすのに大事な3つのこと

子供の背を伸ばすために大事な3つのこと・睡眠・運動・栄養

子供の身長を伸ばすためにサプリメントの摂取させることも大事なのですが、やはり一番大事なことは普段の生活リズムをきちんと整えてあげることが大事です。

また、子供の身長を伸ばすための栄養の摂取をサプリメントだけに頼らず、普段の食事からもきちんと摂取させてあげるということも大事なことです。

ここでは子供の身長を伸ばすのに大事な3つのことをまとめて紹介していきたいと思います。

子供の身長を伸ばすには睡眠時間が大事です

『寝る子は育つ』

子供の身長を伸ばすには早く寝る事だと言われてきましたが早く寝るにしても成長に最適な時間帯と言うのも存在します。

一体何時頃に睡眠に入れば良いのか?

今回は身長を伸ばすのにベストな時間を調べてきました。

子供の身長を伸ばすには10時間寝るのがベスト

幼児~小学生の歳ならば10時間寝るのがベストと言われています。

けれど塾やクラブ活動など遅くなる事も寝たくても寝れない事もあるでしょう。

なので寝る時間帯の指定はしませんが最低でも7時間、そして「夜10時~深夜2時には睡眠している」様に睡眠時間を確保しましょう。

何故夜10時~深夜2時を勧めるのか?

この時間帯は成長ホルモンが活発に活動する時間帯と言われ一番分泌されるのが上記の時間帯と言われているからです。

身長は勿論ですが髪の育成にも良い為社会人になった成人の皆様も勧められる程です。

寝かしつける為にはどうしたらいいか?

まずはテレビやゲーム、今ならスマートフォン等目に対する光の刺激が強いものは睡眠を妨げ寝たくても寝れない、言わば一種の興奮状態な為リラックス出来ていない状態になっています。

睡眠をする為には体をリラックスさせる必要があり、体をストレッチ等で動かしたり、睡眠を妨げない程度に音楽を流したり、目の刺激を押さえる為アイマスクをしたりとリラックスさせて徐々に眠りにつかせましょう。

次に睡眠前に食事を取るのは控えましょう。

食事を取る事も体を興奮状態にしているのと同じく休みたくても休めない状態です。

また空腹時の方が成長ホルモンの分泌が促進されやすいのでどんなにギリギリでも睡眠の1~3時間前までは食べずに我慢する様にしましょう。

成長の為です。

他に気をつける事は何か?

睡眠に気を使うのも必要ですがそれ以外にも

  • 規則正しい食生活
  • こまめに運動をする

これらの行為も取り入れてこそ身長は伸びます。

どれか1つにだけ偏ってはいけません。

やはり、子供の身長を伸ばすには早寝を含めた規則正しい生活が必要になりますね。

見たいテレビがあったとしてもここはグッとこらえて寝ましょう。

今ならレコーダー機能で予約するなり後から見る手段はありますからね^^

子供の身長を伸ばすには運動が大事です

両親が背が低い方で現在子供も背がかなり低い方です。身長は遺伝によって決まってしまうのでしょうか。スポーツや食事だけでは身長を伸ばすのは厳しいのでしょうか。

身長に関しては遺伝が大きく影響するとは限りません。

親から子供へ遺伝するものは数多くありますが、身長については確かに親の身長が低いと子供の身長も低い傾向にあります。

ただし身長は必ずしも遺伝するというわけではなく、親の身長が小さめでありながらその子供の身長は高くなっているということも少なからずあります。

身長については遺伝以外の影響も大いに受けやすいのです。

子供の身長は突然伸びる時期があります。

子供の身長については、年々一定のスピードで伸びるわけではありません。

多くの子が一定の時期に一度に身長が伸びる時期を経験しています。

顕著な例では、1年で20㎝も身長が伸びることもまれではありません。

そのため最初は同級生と比較して小さいと思っていても、成人する頃には身長がいちばん高くなっていたということもあるのです。

なので子供の身長については、長い目で見て判断する必要があるのです。

スポーツをすると身長が伸びやすい傾向にあります。

身長に関しては伸びる子供は何もしなくても伸びていくものですが、意識して身長を伸ばしたいのであればやはりスポーツをさせるのが適しています。

特にバレーボールやバスケットボールなど身長が高いと有利なスポーツについては、跳躍する機会が多いことから身長を伸ばせるスポーツとして適しています。

またそれ以外のスポーツについても、子供の骨や筋肉を発達させて身長を伸ばすのを手助けすることから、子供のうちは何かしらのスポーツをさせるべきなのです。

身長と食事は大いに関係があります。

身長を伸ばす要因として最も影響を与えやすいのは食事です。

きちんと栄養を摂っている子供はやはり身長が伸びやすい傾向にあります。

ただしやみくもにカロリーの多いものを食べていると、身長が伸びるよりも体重が増えがちなので注意が必要です。

身長を伸ばす食事内容としては、小魚や牛乳などのカルシウムを多く含む食品や魚や大豆製品といったカロリーの高くないたんぱく質を摂取するのがおすすめです。

子供の身長を伸ばすのに大事な栄養素

『子供の身長を伸ばす=身体を作る』ということではないでしょうか。

この『身体を作る』ということで大事なのは、身体を形成するために必要な栄養素をしっかりと摂取するということです。

コチラでは成長期のお子さんしっかりと摂取しておくべき、身長を伸ばすのに大事な栄養素を紹介していきたいと思います。

子供の背を伸ばすのに大事な栄養素カルシウム-骨を形成する働きがあります。 たんぱく質-筋肉等を作る働きがあります。 亜鉛-代謝を助ける働きがあります。 アルギニン-免疫力を高める働きがあります。

カルシウム

子供の身長を伸ばす栄養素の代表格といえばカルシウムが広く知られています。

また、将来の骨粗しょう症になるリスクを減らすためにも子供のうちからきちんと摂取しておくべき栄養素です。

カルシウムの働き
カルシウムは人間の骨や歯の重要な成分の一つです。また、筋肉・神経・血液においても重要な役割を担っています。

カルシウムが多く含まれている食品

  • 牛乳
  • 小魚
  • 海藻
  • 大豆および大豆製品
  • 緑黄色野菜

タンパク質

子供の身長を伸ばすための栄養素として、タンパク質はカルシウムと並んで重要な栄養素です。

タンパク質は骨や筋肉の材料になり、子供の身長を伸ばすための骨の形成に欠かせない栄養素なのです。

タンパク質の働き
人体の15~20%はたんぱく質でできていると言われています。栄養素の運搬をするという働きもあります。また、エネルギー源になることもあります。

タンパク質が多く含まれている食品

  • 肉類
  • 魚介類
  • 卵類
  • 大豆および大豆製品
  • 牛乳および乳製品

亜鉛

子供の身長を伸ばすのに大事な栄養素である亜鉛は体の成長を正しく行う命令を出す成長ホルモンの材料になります。

亜鉛を摂取しなければ成長ホルモンが正しく分泌されず、身長が伸びないといったことにつながります。

亜鉛の働き
亜鉛は新陳代謝などの人体で行われる様々な働きをアシストする役割を担っています。亜鉛が十分に摂取されていれば風邪もひきにくくなると言われています。

亜鉛が多く含まれている食品

  • 牡蠣
  • うなぎ

アルギニン

子供の身長を伸ばすのに大事な栄養素であるアルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果を持っています。

成長ホルモンが分泌されないと骨の成長や合成が正しく行われないため、優先的に摂取しなければならない栄養素なのです。

アルギニンの働き
亜鉛は新陳代謝などの人体で行われる様々な働きをアシストする役割を担っています。亜鉛が十分に摂取されていれば風邪もひきにくくなると言われています。

タンパク質の働き
アルギニンは免疫機能の向上や脂肪代謝の促進といった人の身体の機能の多くに関係しています。子供にとっては必須アミノ酸とされています。

アルギニンが多く含まれている食品

  • 豚肉
  • すいか

子供の身長を伸ばすのに大事な栄養素はサプリメントの摂取によって効率的に行うことができます

ここまでで、子供の身長を伸ばすのに大事な栄養素について、理解をしていただけたのではないでしょうか。

しかし、

栄養の摂取が重要なのはわかりますが、そう簡単に摂れないの!

という方は多いかと思います。

解ります。

大人であっても必要な栄養素を取れと言われても、そう簡単に摂れるものではありませんからね。

そこで、オススメしたいのが、

子供の身長を伸ばすのに大事な栄養素をサプリメントで摂取する

ということなのです。

その理由を以下で紹介していきたいと思います。

必要な量の栄養素を手軽にサプリで摂取

当然のことですが、子供の身長を伸ばす為の栄養素は、必要量を摂取することが大事です。

その為、

『あの食品とあの食品に多く含まれているから一口ずつでOK!』とはならないわけです。

例えば、たんぱく質は小学生でおよそ、45gの摂取が推奨されています。

その45gのたんぱく質を鶏むね肉で摂取しようとするとおよそ200gを食べる必要があると言われています。

これを毎日となると、大人でもなかなかの量となっています。

その点、サプリメントはこういった栄養素の必要量を手軽に補うことができるのです。

子供の背を伸ばすためのサプリメント比較

好き嫌いの多い子供もサプリで栄養素を効率的に摂取

バランスの良い食事が子供の身長を伸ばすうえで大事なことになります。

そこで、問題になってくるのが子供の好き嫌いになってくるかと思います。

子供のことを思って、バランスの良いメニューを考えて、レシピを検索して作って、はいどうぞといっても子供が食べてくれないのでは意味がありませんね。

料理を作ったお母さんにとっては涙が出てきてもおかしくない状況です。

こういった好き嫌いが多いお子さんにサプリメントで栄養素を摂ってもらうことをオススメしたいのです。

サプリメントであればそんなに味を気にすることも無いですし、ミルクなどに混ぜるタイプは今では子供好みの味となっている製品も多く発売されていますので、好き嫌いが多いお子さんにサプリメントで栄養素の摂取はオススメなのです。

子供の背を伸ばすためのサプリメント比較

子供の平均身長【平成28年度版】

区分男子女子
5歳(幼稚園)110.4109.4
6歳(小学校1年生)116.5115.6
7歳(小学校2年生)122.5121.5
8歳(小学校3年生)128.1127.2
9歳(小学校4年生)133.6133.4
10歳(小学校5年生)138.6140.2
11歳(小学校6年生)145.2146.8
12歳(中学校1年生)152.7151.9
13歳(中学校2年生)159.9154.8
14歳(中学校3年生)165.2156.5
15歳(高校1年生)168.3157.1
16歳(高校2年生)169.9157.5
17歳(高校3年生)170.7157.8

参照:[PDF]平成28 年度学校保健統計-平成28年度学校保健統計調査速報 調査結果のポイント-1.身長(平均値)